Home-Protection

駐車場に防犯カメラを取り付けるなら|性能を調べておこう

設置が防犯になります

犯罪の抑止力になります

防犯カメラ

核家族化と共働きの増加により、家を空ける時間が多い家庭が増えています。不在の自宅を守るために、駐車場に防犯カメラを設置する事は有効な手段です。駐車場への防犯カメラの設置は、車だけでなく空き巣などの抑止力にもなります。また、イタズラや近隣トラブルにも大きな力となります。駐車場に防犯カメラを設置する時には、いくつかのポイントがあります。1つ目は設置をする位置です。侵入口の方向を向け設置する事で、空き巣などの侵入も録画する事ができます。また、なるべく高めの位置に設置すると、広い範囲をカメラに収める事が可能です。防犯カメラを設置したら、防犯カメラがある事を周りに伝えるステッカーも貼ります。これは侵入者への抑止力だけでなく、周りの方々へ映像として記録している事を伝えるためでもあります。撮影された映像は、個人情報として扱われます。個人情報への配慮が、2つ目のポイントです。防犯カメラの設置には、周囲への配慮が必要となります。個人情報を守るためにも、駐車場に設置した防犯カメラに隣家などが映らないように気をつける事も大切です。防犯カメラはネットや店舗で手軽に購入する事ができます。購入したカメラは、自分で取り付ける事が可能です。しかし、有効な設置ができているか、個人情報に配慮できているか心配な時は、専門業者にお願いするのも良い方法です。正しい方法での設置は、犯罪やトラブル時の確かな証拠となります。それだけでなく、侵入者への抑止力となります。駐車場に防犯カメラを設置する事で、留守の家を守る事ができるのです。

トラブルを回避

防犯カメラ

駐車場におけるトラブルは、後を絶ちません。車上荒らしはもちろんの事、当て逃げによる被害も発生しております。帰宅してから駐車場にある車の被害が見つかっても、手遅れとなる場合が多いです。そんなトラブルを解決させたり未然に防ぐためには、防犯カメラの設置が効果的です。防犯カメラには、いろいろなタイプがありますので、自分の駐車場の環境に向いているタイプを選ぶようにしましょう。比較的安い価格で購入できる屋外用の防犯カメラは、駐車場が夜間でも明るい場合にお勧めです。このタイプの防犯カメラは赤外線が搭載されてないので、他の照明の明るさが必要となります。公共の照明や自宅の別の照明がある場合は、コストメリットが高いと言えます。駐車場が暗い場合は、赤外線が搭載された防犯カメラを使用すると良いです。周囲が暗くなると、赤外線LEDが点灯してカメラ撮影を行いやすくなります。サイズや画素数などのバリエーションも豊富ですので、コストと環境のバランスを考えた選び方が出来るのが、このタイプの良い点です。トラブルを未然に防ぐ効果のある防犯カメラを求める人には、センサーライトが搭載されたカメラがお勧めです。このカメラは、人や動くものを感知した時に、センサーライトが光る仕組みです。車上荒らしやいたずらを行おうとする人は、突然光ったライトに驚いて退散するでしょう。さらに、カメラがある事に気が付けば、ますます悪さをしようとは思いません。

豊富な設置メリット

駐車場

自動車には、カーナビやETCなど高価な備品が設置されているため、車上荒らしによる犯罪に遭遇しやすいとされています。特に複数の自動車が集まる駐車場などは、人も少ないことから狙われやすい場所でもあります。なので、犯罪を未然に防ぐためにも、防犯カメラの設置は必須ともいえるでしょう。防犯対策が施されていない場合、白昼堂々と犯行に及ぶことも珍しくはありませんので、車庫や駐車場の防犯カメラ設置を検討するべきでしょう。防犯カメラは犯行現場における重要な手がかりとなり、設置が犯罪者に対する警告の意思表示となります。つまり、犯罪者はリスクの低い駐車場を狙うため、防犯カメラがない場合はターゲットになりやすいということです。近年は防犯カメラの高画質化と暗所撮影機能の向上により、犯罪被害が最小限に抑えられると高い評価を得ています。防犯カメラは大まかにレコーダーセットとSDカード録画に分かれているため、性能だけでなくタイプ別で価格差が発生するのです。一例として、アナログ52万画素でレコーダーセットの場合、カメラ1台が付いて3万円前後で購入できます。一方のSDカード録画は、広めの駐車場やレコーダーが置けない場所など、様々な状況に対応可能です。価格の一例としては、約200万画素2万円前後で購入でき、この価格帯であればマイク内蔵タイプも選択できます。いずれの防犯カメラも画素数が大きいほど録画容量が増えるため、必要であればレコーダーの置き場所を確保するのも工夫のひとつです。

環境によって変わる寿命

駐車場

近年では、日頃の防犯対策として、玄関先だけでなく駐車場にも防犯カメラを設置する家庭が多くなっています。しかしながら、防犯カメラにも耐用年数というものがありますので、交換時期を把握する必要があります。設置場所や扱い方で標準的な耐用年数を下回る事も多くなりますので、注意が必要になります。

もっと読む

設置が防犯になります

防犯カメラ

駐車場への防犯カメラの設置は、トラブル時の証拠だけでなく侵入者への抑止力になります。カメラを設置する際は、侵入口を向けて高い位置に設置すると良いです。また、防犯カメラ設置を示すステッカーや隣家が映らないようにするなど、個人情報への配慮も必要となります。

もっと読む

防犯対策で高い効果あり

ガードマン

駐車場に防犯カメラを設置する場合の費用は台数にもよりますが、10万円前後が平均となっております。また、防犯カメラはレンタルできるサービスもあり、初期費用を安価に抑えて導入する場合は、レンタルを選ぶと良いでしょう。

もっと読む