Home-Protection

駐車場に防犯カメラを取り付けるなら|性能を調べておこう

防犯対策で高い効果あり

防犯目的で利用者が増加中

ガードマン

現在、投資目的などで駐車場経営をされている皆さんは、防犯について考えた事はありますか。最近では資産運用目的で駐車場経営をされる方が増加傾向にあり、特に使っていない土地を持っている方などが参入しています。駐車場経営は、賃貸物件経営などと違い維持管理などに手間がかからず、投資初心者でも利益が得やすい事から、人気上昇中です。これから駐車場経営をする方や検討中の方は、防犯についても良く理解しておくと良いでしょう。犯罪件数の中で車を狙った犯罪は非常に多くなっており、特に車上荒らしや盗難などは深刻になっています。そこで駐車場経営をするのであれば、利用者が安心して駐車場を借りることができる環境づくりは経営上、必須となります。その理由として、盗難や車上荒らしが頻発する駐車場であると噂が広まるなどすれば、利用者が減少し経営に支障をきたしかねないからです。このため、防犯目的で費用対効果が高いアイテムとして、防犯カメラが人気になっていて、多くの駐車場では防犯カメラが備え付けられています。防犯カメラは、犯罪が発生したときに犯人を特定するための、重要な手がかりとなります。また、防犯カメラがついている事で、犯罪を抑止させる心理的効果も期待できるなどの利点がある事から、導入する駐車場が増加中です。防犯カメラを設置するメリットは一般家庭でも効果絶大で、自家用車の盗難などを防止するとともに、空き巣被害なども抑止できます。

実は犯罪率が高い場所

防犯カメラ

実は犯罪率が高い場所と言われているのが、駐車場です。カーナビが普及してからは、それを狙った車上荒らしが増え、合わせて金品を奪取する犯罪が後を絶たちません。その為、駐車場には、防犯カメラをつけることが対策の一つとして挙げられます。駐車場に防犯カメラがつけられていると、犯罪者は警戒します。それだけではなく、もし犯罪が起こった場合に、犯人を捕まえる可能性が上がります。では、どんな防犯カメラを選べばいいのでしょうか。まず、駐車場で犯罪が起こる場合、ひと目につきにくい夜間に行われることが多いです。そこで、赤外線カメラであることが重要です。赤外線つきカメラは、物体から出る赤外線を可視化してくれるものです。その為、夜間でも人の動きを感知することができます。次に、画素が多い防犯カメラを選ぶことが重要です。画素が悪いと、映像が鮮明に写りません。犯人の特徴はわかっても、顔がわからず特定ができないこともあります。せっかく防犯カメラをつけたのに、それでは意味がありませんよね。映像の鮮明さは、防犯カメラで撮った見本をみてみましょう。通販でも、お店でも、映像の見本は見れることが多いです。そして、日中は、車を使用しているので、夜間のみ録画したいという人など、防犯カメラの使用時間は様々です。だから、最後に録画方法を選べる防犯カメラを選ぶのもおすすめです。録画方法とは、常時録画しているのか、日時を指定するのかなどです。人の動きを検知して、録画を開始するものもあります。用途に合わせて録画を選べる防犯カメラがいいですね。防犯対策は、いくらしても足りないくらいです。ぜひ、これを参考にして、駐車場に防犯カメラを設置してみてください。

最適な設置プラン

駐車場

遊休地を有効活用する目的で駐車場経営を始める場合には、安心して利用できるように、セキュリティを強化することが重要です。所有者が定期的に見回るのが従来型の管理方法ですが、最近では警備会社を活用したり、防犯カメラを設置するのが一般的です。特に防犯カメラを設置すると、不審者や車上狙いなどの抑止効果も期待できるので、駐車場の安全性も大幅に高まるでしょう。しかし防犯カメラを新たに設置する場合には、予算や利用目的などを総合的に考えて、最適な製品を選ぶのが理想的です。セキュリティ関連商品を幅広く取り扱う業者に相談すると、駐車場向けのプランの提案から設置後のメンテナンスまで、トータルサポートが受けられるでしょう。とりわけ人気があるのは、録画機能付きの防犯カメラであり、暗い場所でも映像を記録できる製品を活用するケースが中心です。更に遠隔監視システム付きの製品を選ぶのがトレンドであり、スマホやパソコンを活用して、いつでも駐車場の状況を確認できるメリットも大きいです。一方で盗難などの被害を未然に防ぎたい場合に、大きな効果が期待できるのは、音や光を活用した威嚇撃退型の防犯カメラの設置プランです。数多くの設置実績を持つ業者は、盗難などの被害の傾向を十分に把握しているので、個別の駐車場に最も適したプランを紹介してくれるでしょう。したがって防犯カメラの新製品が登場したときにも、駐車場所有者のニーズに合わせて、手ごろなリニューアル工事を提案してくれるので安心です。

環境によって変わる寿命

駐車場

近年では、日頃の防犯対策として、玄関先だけでなく駐車場にも防犯カメラを設置する家庭が多くなっています。しかしながら、防犯カメラにも耐用年数というものがありますので、交換時期を把握する必要があります。設置場所や扱い方で標準的な耐用年数を下回る事も多くなりますので、注意が必要になります。

もっと読む

設置が防犯になります

防犯カメラ

駐車場への防犯カメラの設置は、トラブル時の証拠だけでなく侵入者への抑止力になります。カメラを設置する際は、侵入口を向けて高い位置に設置すると良いです。また、防犯カメラ設置を示すステッカーや隣家が映らないようにするなど、個人情報への配慮も必要となります。

もっと読む

防犯対策で高い効果あり

ガードマン

駐車場に防犯カメラを設置する場合の費用は台数にもよりますが、10万円前後が平均となっております。また、防犯カメラはレンタルできるサービスもあり、初期費用を安価に抑えて導入する場合は、レンタルを選ぶと良いでしょう。

もっと読む