Home-Protection

駐車場に防犯カメラを取り付けるなら|性能を調べておこう

環境によって変わる寿命

一般的な耐用年数との比較

駐車場

昔の日本の住宅では犯罪が少なかったこともあり、防犯カメラを設置しているところはほとんどありませんでした。しかし、近年では空き巣や車上荒らしなどによる犯罪が増えたことにより、玄関先や駐車場などに防犯カメラを設置する家庭が増えているのです。一般的に防犯カメラは購入する時には、真剣に製品を選択したりするのですが、一度設置をしてしまうと比較的放置されてしまう事も多いようです。防犯カメラも他の家電用品などと同様に録画機能のついたカメラですので、耐用年数を過ぎたものは故障しやすくなり、いざという時に役に立たない事も考えられます。一般的に防犯カメラの耐用年数は、税法上では6年間という事になっていますので、個人事業主や会社での設置の場合には減価償却のタイミングで交換をする事も可能だとは思います。耐用年数が6年となっているとはいっても、あくまでも一般的な話しであって、使い方や設置場所によっては、寿命が早い段階できてしまうケースも考えられます。玄関先の場合には、どこのご家庭でも大きな違いはないかもしれませんが、駐車場ともなると、個々の家庭によって防犯カメラの設置場所や駐車場の形態によって、耐用年数にも大きな差が生まれると考えられます。特に屋根やカーポートのない状態の駐車場の場合には、雨や風をまともに受けてしまう環境の事も考えられますので、必然的に劣化速度も速くなる傾向がありますので、当然交換する年数も短くなるといえます。一方で利用の仕方に注意をして、メンテナンスを日頃から行えば、耐用年数も比較的長くできる事もありますので、いざという時に役にたつように製品の状態を把握しておくことが必要になります。

24時間監視ができる

カメラ

駐車場で多いトラブルに、相手の車に傷をつける事故があります。車の物損事故には悪意を持って行う事故だけでなく、故意ではなく偶発的に起こしてしまう事故も多いのです。そしてよくある駐車場での事故として自分の車のドアを開けるときに誤って、相手の車にドアをぶつけてしまい傷をつけてしまうケースです。こういった事故の場合は加害者も気付いていないこともあり、犯人を特定するのは困難となります。そして駐車場を経営している人なら、このようなトラブルに遭遇する可能性は高いのです。特に不特定多数の車が出入りする駐車場では、解決が難しくなります。しかしそんな時には非常に便利なものに防犯カメラがあります。駐車場に防犯カメラを設置しておけば、年中無休で出入りする車を記録することができるので犯人を特定するのも容易になります。被害者も警察に届けても確かな証拠がないと、なかなか動いてもらえないのです。しかし防犯カメラの映像なら信憑性の高い物証となるので、捜査してもらいやすくなります。また悪意を持った車上荒らしや愉快犯などの対策にも防犯カメラは有効です。万一事件が起こっても加害者の人相や服装なども記録できるので、事件の早期解決に役立ちます。駐車場の監視をもし人で行うならば、交代制で見張らないといけないのでかなり費用もかかります。しかし防犯カメラなら少ないコストで、年中無休で稼働してくれます。防犯カメラの解像度や機能も最新の機器なら、驚くほど高性能のものがあります。

録画装置の種類

防犯カメラ

駐車場という場所は車を置いておく場所ですが、長時間にわたって無人になる場所であり、また場所によっては人の目が届かない場所です。このため車に対するさまざまな犯罪が発生するリスクがあります。車に対する犯罪としては、傷を付けられたりするいたずら程度のものから、窓ガラスを破って行う車上荒らし、さらには車そのものを盗難するといったものが考えられます。人の目が届かない駐車場で行われる犯罪は、その発見が遅れることもしばしばで、そのため防犯カメラの設置が特に重要とされます。防犯カメラは防犯を目的として設置するもので、カメラの存在によって犯罪を抑止し、さらに犯罪が発生した場合には録画されたデータから犯人を捕まえるといったことに役立てることが出来ます。一方でひとつに防犯カメラといっても性能や種類もさまざまで駐車場に適したものを選ぶ必要があります。昔ながらの防犯カメラの仕組みとしては、カメラと録画装置が分離したものがあり、録画装置はテレビ線などを使って伝えられたカメラの映像を録画するというものです。現在ではハードディスクレコーダーやメモリーに直接録画するものが広く使われています。カメラの性能もさまざまで夜間撮影が可能なものもあります。特に駐車場で犯罪が行われる可能性があるのが夜間ですから、防犯カメラを設置する際には夜間撮影対応のものが必須です。録画に関しても長時間の録画かつ長期間の保管が必要ですから、録画時間が長いものを選ぶ必要があります。

環境によって変わる寿命

駐車場

近年では、日頃の防犯対策として、玄関先だけでなく駐車場にも防犯カメラを設置する家庭が多くなっています。しかしながら、防犯カメラにも耐用年数というものがありますので、交換時期を把握する必要があります。設置場所や扱い方で標準的な耐用年数を下回る事も多くなりますので、注意が必要になります。

もっと読む

設置が防犯になります

防犯カメラ

駐車場への防犯カメラの設置は、トラブル時の証拠だけでなく侵入者への抑止力になります。カメラを設置する際は、侵入口を向けて高い位置に設置すると良いです。また、防犯カメラ設置を示すステッカーや隣家が映らないようにするなど、個人情報への配慮も必要となります。

もっと読む

防犯対策で高い効果あり

ガードマン

駐車場に防犯カメラを設置する場合の費用は台数にもよりますが、10万円前後が平均となっております。また、防犯カメラはレンタルできるサービスもあり、初期費用を安価に抑えて導入する場合は、レンタルを選ぶと良いでしょう。

もっと読む