性能によって違いがある

様々な種類がある

防犯カメラ

防犯対策のために駐車場に防犯カメラを設置する人は増えています。防犯カメラと一口に言っても種類は豊富にあります。録画時間や録画方法、画質や料金に違いがあることから、自分の目的に合った防犯カメラを駐車場に設置することが大切です。防犯カメラの録画時間は内蔵されているハードディスクによって違いがあります。目安としては2TBで約7日程度、4TBなら約14日、8TBなら約28日間録画することが可能です。ただ、この録画時間はカメラの解像度などの画質によって違いが出ます。録画方法はカメラ本体内蔵タイプと、有線や無線によって別の場所に設置されたレコーダーに録画する方法があります。本体内蔵タイプではハードディスク以外にも、SDカードに録画するタイプもあります。画質では、以前はアナログカメラが主流でしたが、最近ではフルハイビジョンカメラが人気となり、鮮明な画像を録画することも可能となっています。アナログカメラとフルハイビジョンカメラとの料金の差があまりありません。そのため比較的低価格で利用できることも、フルハイビジョンカメラが人気となっている理由のようです。距離が離れている場合には高額となりますが4Kカメラも人気があります。このように、駐車場に設置する防犯カメラには、録画時間や録画方法、画質に違いがあります。それぞれで料金も違ってくることから、自分の目的をはっきりさせ、経済的負担が少ない方法で駐車場の防犯対策をしっかりとしましょう。

愛車を守る

駐車場

家庭用の防犯カメラを設置する効果は非常に大きいです。犯罪を事前に防ぐ事が出来ます。また犯罪が起こってしまった際に証拠を残す事が出来ます。さらに防犯カメラを駐車場に設置するだけで、泥棒や車へのいたずらなどを未然に防ぐ事が出来ます。また侵入者を防いだり、様々なトラブルに対して効果を発揮してくれます。駐車場は基本的に屋外の設置となりあmす。どの部分に設置したらよいのかしっかりと検討します。特に暗い夜をしっかりと監視してくれるように、暗視機能付きの防犯カメラを駐車場に設置しておくと安心です。また暗視機能対防犯カメラには、いくつかの種類があります。赤外線LEDカメラや、低照度カメラがあります。夜間に広範囲で監視したい場合は、低照度カメラが画像が鮮明でおすすめです。目的や設置場所に合わせた機能を選ぶ事が大事です。防犯したい場所として駐車場を選ぶ場合は。駐車場の場所などをよく把握してから設置場所を検討します。また基本的に防犯カメラは性能がよい程高額です。費用面で選ぶと機能性が若干劣ってしまう場合もあります。中には、リーズナブルな価格で多機能が搭載されているカメラもあります。中には、インターネット通販で手軽に購入出来るリーズナブルな防犯カメラも販売されています。また駐車場のみならず複数台設置して防犯範囲を広げる事も出来ます。コストパフォーマンスを考えて防犯カメラを選ぶ事も出来ます。あまり安いカメラを選んでしまい防犯にならないのでは意味がありません。

アフターケアのある業者

警備員

世間では色々な事件が起こりますが、その時に身を守ったり財産を守るために効果的なのが防犯カメラです。例えば空き巣などは玄関や勝手口などに防犯カメラが設置されているだけで、その家には近づかないのです。それがダミーであっても、用心深い家には侵入しないのです。今では無線で監視できる防犯カメラがあるので、自宅と離れた駐車場なども監視できます。広い駐車場など防犯カメラを導入する前に、設置する場所を決めておく必要があります。防犯カメラには監視できる角度があるので、全てのエリアをフォローするには数台の防犯カメラが必要になります。駐車場には屋内と屋外がありますが、屋外の場合は防水機能のある防犯カメラを設置する必要があります。設置する場合はまず業者を選ぶところから始めます。たくさんの業者がありますから、ネットで調べてアフターケアがしっかりしている所を選びます。例えばカメラに記録するだけでいいなら、何時間録画できるのか、自動的に上書きできるのかなどの機能を決めます。また異常を感知した時には警備会社が駆けつけるシステムにするか、なども業者を選ぶ時の判断材料になります。高級車などが多い駐車場の場合は、被害に遭わないように警備会社と連動している防犯システムを導入した方が安心です。最近の防犯カメラは性能が向上しているので、車のナンバーや不審者の顔などがしっかり映ります。そのため導入前にはプライバシーについても業者と相談しておくことが大事です。

環境によって変わる寿命

駐車場

近年では、日頃の防犯対策として、玄関先だけでなく駐車場にも防犯カメラを設置する家庭が多くなっています。しかしながら、防犯カメラにも耐用年数というものがありますので、交換時期を把握する必要があります。設置場所や扱い方で標準的な耐用年数を下回る事も多くなりますので、注意が必要になります。

もっと読む

設置が防犯になります

防犯カメラ

駐車場への防犯カメラの設置は、トラブル時の証拠だけでなく侵入者への抑止力になります。カメラを設置する際は、侵入口を向けて高い位置に設置すると良いです。また、防犯カメラ設置を示すステッカーや隣家が映らないようにするなど、個人情報への配慮も必要となります。

もっと読む

防犯対策で高い効果あり

ガードマン

駐車場に防犯カメラを設置する場合の費用は台数にもよりますが、10万円前後が平均となっております。また、防犯カメラはレンタルできるサービスもあり、初期費用を安価に抑えて導入する場合は、レンタルを選ぶと良いでしょう。

もっと読む